検索

機工事業事業詳細

株式会社 山善 事業詳細

一つの工具から
ソリューションまでお届け
モノづくりの現場を支える

機工事業部は、物流マテハン機器、ロボット・省力化機器、環境改善機器、流体機器、測定機器、メカトロ機器などの各種機器や、切削・補要工具、電動工具、作業工具など、生産現場に必要な幅広い機器・工具を提供し、生産現場のスムーズな稼働と課題解決に取り組んでいます。

事業詳細

機工事業部 営業部門大嶋 賢司

Profile

2008年入社。東京支社 機工事業部の配属となり、以来11年間一貫して機工事業部で営業を担当。現在は産業機械の販売や設備機器工事を行う部隊で、主に食品関連工場や通販事業の物流倉庫などの分野を担当。

機械事業部 営業部門 長島 光 様

Q1. 機工事業部のミッションは?

生産現場のお困りごとを解決

お客様のモノづくりの現場で日々発生する課題や求める商品などのニーズに対応し、生産現場の様々なお困りごとを解決するのが、機工事業部のミッションです。 具体的には、山善の機械事業部が販売した工作機械をはじめ、お客様が保有する機械の部品や工具などをオンデマンドで供給し、お客様の生産ラインのスムーズな稼働を支えています。

生産現場のお困りごとを解決

また、生産性の向上に向けた自動化や高速・高精度化、コストダウンなど、生産現場の普遍的なニーズに応えるための機器や設備の導入を提案。特に近年は、人手不足が多くの生産現場にとって深刻な課題になっています。それに伴い、例えば荷物を少しの力で動かせる機器など、女性や高齢者も働きやすい環境を整えるための新たなニーズが生まれています。その他、世の中のメガトレンドである5Gや、EVによる通信革命、環境問題などに対応するための機器や設備の導入も提案しています。私たちは小さな一つの工具から、経済的・社会的課題に対応する設備・機器などのソリューションまでを提供し、お客様のモノづくりの現場を支えています。

Q2. 機工事業部の強みは?

エンドユーザーの細かなニーズをカバー

機工事業部は、工場用設備・機器、工具などを国内メーカーから仕入れ、全国各地区の工作機械販売店・機械工具商、海外の現地法人などの販売会社を通じて、エンドユーザーである国内外の生産現場に提供しています。

エンドユーザーの細かなニーズをカバー

販売店を通じて商品を提供することは、一見非効率的に思えますが、実はこの販売店を通した流通ルートが、私たちの強みです。約5,000社ある販売店は多くのエンドユーザーであるお客様をカバーしています。その幅広い販売網から、「こういう商品が欲しい」「工場のこの部分をなんとかできないか」といった引き合いや相談が、毎日膨大に吸いあがってきます。私たちはそれらの要望に迅速に対応し、お客様が求める商品を供給するとともに、時には販売店と一緒にお客様の現場を訪問し、課題の解決策を提案しています。逆に販売店に私たちがお勧めしたい商品を提案すれば、全国の製造現場に行き渡るといっても過言ではありません。それほどに、販売店は幅広い販売網とエンドユーザーとの密な信頼関係を構築しているのです。

他方、私たちが商品を仕入れているメーカーは、主に国内シェア上位を占める優良メーカーです。「販売店×メーカー×山善」が密な信頼関係で結ばれ、まさに三位一体となって、多くのお客様の細かなニーズに対応しています。

また機工事業部は、自動車機械部品や半導体関連商品などのメイン商材がありますが、その取り扱いジャンルに制限はなく、商材の可能性は幅広く広がっています。例えば、近年急成長している通販物流倉庫の現場に、商品を梱包するビニール包装資材を納品している会社から、商品を運搬するコンベア機器の引き合いを受けることもあります。一つの商品から、周辺の様々な商品へと取引が広がっていく可能性があるのです。取り扱い商材や業界などにおいて新規開拓の余地が大きく、ビジネスチャンスが広がっているのも、私たちの強みと言えるでしょう。

社内外の人をつなぐ「人間力」が、きめ細かい提案に

私たちと同じような競合商社は、数多く存在します。その中から、山善が選ばれる大きな理由は、“人”です。私たちは、お客様の「これできる?」に対して、「できない」ことはほとんどありません。必ずお客様が求める商品やソリューションを探し出し、期待に応えます。そうした山善に脈々と受け継がれる“人”のDNAが、「あなただから注文する」とまで言われるお客様の信頼に繋がっています。モノを左から右に流すだけでは売れない時代、今後はさらにお客様のニーズは高度化・複雑化していきます。私たちは専門性と人間性を高め、“人”の強みをさらに伸ばしていくことを目指していきます。

Q3. 機工事業部が社会に対して果たす役割は?

環境優良商品やBCPで社会の要請に応えます

環境問題への対応が、企業の持続的成長の必須条件となる中で、機工事業部は以前より「環境優良商品」の供給に注力しています。また、阪神大震災や東日本大震災以降、企業が自然災害などの緊急事態時にも、事業を早期に復旧させ、被害を最小限に抑えるための「事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)」策定の重要性が高まっています。そこで私たちはコンサルティング会社とタッグを組み、BCP策定から設備機器・備品等の導入までをワンストップでサポートするサービス「BCP.ERS(ビーシーパース)」を展開。特にノウハウや人材不足からBCP策定が進んでいない中小企業におけるBCP策定・導入に貢献しています。

環境優良商品やBCPで社会の要請に応えます

これら環境対応や災害対策に加え、人手不足や5G、EV化など押し寄せるメガトレンドによって、いまモノづくりの現場は、産業革命にも匹敵するほどの変革期を迎えています。私たちは情報とネットワークを駆使し、小さなことから大きなことまでどんなニーズにも応えることでお客様のモノづくりの現場を支え、ひいては日本のモノづくりの現場を支えていきます。


ページトップへ