検索

機械事業事業詳細

株式会社 山善 事業詳細

モノづくり現場のお困りごとをかみ砕き
ネットワークを駆使して、
ソリューションを提供する

機械事業部は、あらゆる製造・生産シーンのニーズに対応し、最先端のハード・ソフトを提供して、顧客の課題解決に寄与します。加工材料の変化や加工の高速化・高精度化、コストダウンや環境対応など、生産現場に求められる変化をいち早くキャッチし、生産財分野のノウハウやネットワークを駆使して生産現場を支え、より付加価値の高い提案営業を行います。

事業詳細

機械事業部 営業部門長島 光

Profile

2012年入社。機械事業部に配属となり、1年半ほど商材やビジネスの流れを理解しながら営業サポートを行う。3年目の春、大阪営業課に営業として配属。5年目に大阪営業本部長賞、6年目に機械事業部の事業部長賞を受賞。

機械事業部 営業部門 長島 光 様

Q1. 機械事業部のミッションは?

工作機械を通じて、製造・生産拠点の自動化や効率化を実現

鍛圧機械や板金機械、測定機などあらゆる工作機械を扱い、販売店を通じてエンドユーザーに納入することで、モノづくりの現場を支えています。自動車や航空機の部品、スマートフォンなどの電子機器を扱う工場に対し、自動化や効率化を実現する設備の提案も行います。

工作機械を通じて、製造・生産拠点の自動化や効率化を実現

ここ10年ほどで、業界を取り巻く技術は大きく進化し、様々な新たな機械が生まれています。最近ではロボットを使った工場の自動化や、3Dプリンターなど新しい技術導入へのニーズが高まっています。例えば、金属が加工できる最新の3Dプリンターが登場しました。素材を削るという従来の加工法と、何もないところから造形するという手法を組み合わせた今までにない発想の機械です。この機械を導入することにより、金属部品を作るための金型は不要になり、金属加工のアプローチは大きく変わりつつあります。現場では効率化や製品の精度向上を実現することができるため、お客様にもよくご提案しています。

お客様は小規模の工場から、数百名~数千名が働く大手メーカーの工場まで様々です。販売店と協力して情報をいただきながら、時には一緒に訪問して、お客様のニーズをかみ砕き、ライバル商社との差別化になるような提案につなげています。他社から営業ルートを奪取し、新たなお客様に大口の納入をさせていただく瞬間は体が震えるほどうれしさが込みあげてきます。納入した設備が現場で活躍し、お客様に効率よく売上を上げていただけていると、充実感を覚えます。

工作機械を通じて、製造・生産拠点の自動化や効率化を実現

海外での仕事も増えてきました。お客様が海外に現地工場を立ち上げる際には、立ち上げのノウハウを提供したり、海外製の機械を出荷する場面に立ち会ったりと、スムーズに稼働を開始するまでのサポートをしてから、アフターフォローを行う担当部署に引き継ぎます。山善は海外にも手広く事業を展開しているため、現地の情報も豊富に持っています。海外機械部との連携を強化し、現地の生の情報や顧客情報を共有して、よりきめ細かなサポートを行っていきます。

Q2. 機械事業部の強みは?

社内外の人をつなぐ「人間力」が、きめ細かな提案に

まず一つ目は、仕入先の多さです。日頃からメーカーの営業と情報交換を行い、ネットワークを広げるように心がけています。新聞や専門誌にも目を通しますが、生の声から得られる情報は特に重要です。機械事業部の仕入先の多さは、ひとえに過去の先輩方が販売力を高め、培ってくださったものです。これからも、さらに仕入先のネットワークを広げるために、新しい商品や新しい業界があればいち早く情報をキャッチして、アプローチすることが大切です。つくづく、商社は人間力だなと感じます。

社内外の人をつなぐ「人間力」が、きめ細かい提案に

幅広い仕入先を持ち、メーカーとの信頼関係を築くことで、提案の引き出しが増え、お客様へのきめ細かな提案が可能になります。あるお客様には、販売店から情報を得て新たな設備を導入することで、生産工程を集約し、設備の台数を減らして省スペース化するという、他社とは一味違う提案をし、喜んでいただくことができました。

もう一つの強みはチーム力です。私たち機械事業部は少数精鋭で、上司や先輩との距離が近く、日常的に気軽に相談をしたりアドバイスをもらったりすることができます。私もよくミスをしましたが、その都度上司や先輩のスピーディな対応で助けてもらいました。若い時の苦い経験は、将来部下を持った際に、様々な場面での対応力につながると思います。若手社員にも、失敗を恐れずに挑戦してほしいです。

営業には、お客様向けのイベントやキャンペーンを立ち上げる企画力も求められます。毎年行う大阪から名古屋へ、工作機械の展示会に行くバスツアーは、非常に好評を博しています。私も、若手社員が出すアイデアの実現に向けて、背中を押してやれるような上司になりたいです。

私たちのチーム力の源は、山善が事務局を担当し、40年以上続く名物の「どてらい市」だと思います。「どてらい市」とは販売店・メーカー・山善が三位一体となり開催する展示即売会です。毎年、たくさんの方にご来場いただき、「業界を盛り上げたい」という思いで、全社一丸となって取り組んでいます。

社内外の人をつなぐ「人間力」が、きめ細かい提案に

一方、隔年で開催している展示会では、「製造・生産現場の悩みを解決する」ことをコンセプトに、メーカーに出展いただいた機械の実演加工などを豊富に取り揃え、お客様に最新の情報やお困りごとに対する解決策を見つけていただける場を目指しています。

Q3. 機械事業部が社会に対して果たす役割は?

日本のモノづくりを支え、世界の架け橋に

日本のモノづくりは、世界でもトップクラス。自動車や航空機、船舶、電子機器、医療部品など、モノづくりの現場を支えることで、日本のさらなる発展に貢献していきます。また、日本の高品質な商品を海外に展開することで、日本と海外をつなぐ架け橋になりたいです。

社内では、国内外の事業部がさらに連携を深めて情報共有することで、国内外のお客様にさらにきめ細かいご提案ができると考えています。顧客情報を共有し、会社としてしっかりターゲットを定めて、さらに営業の幅を広げていきたいと思います。

日本のものづくりを支え、世界の架け橋に

ページトップへ