検索

ニュース

「マイコン電気圧力鍋 YPCC-M400」を新発売

1200Wのハイパワーで時短調理!
「マイコン電気圧力鍋 YPCC-M400」を新発売


 株式会社山善(本社:大阪市西区/代表取締役社長:長尾雄次 以下、当社)は、業界最高クラス(※1)1200Wの出力で、短時間で多彩な料理を作れる「マイコン電気圧力鍋 YPCC-M400」を、当社が出店・運営するインターネット通販「くらしのeショップ」、全国の家電量販店、ホームセンターなどで、3月上旬より順次発売をいたします。


 電気圧力鍋は、“ほったらかし”で調理ができ、時短もできる調理家電です。昨今のおうち時間の増加により、自宅で手軽に本格料理を楽しみたいという方々に人気を集めています。当社でも昨年までに2アイテムの電気圧力鍋を発売し、ご好評をいただいております。今回は、1200Wという業界最高クラス(※1)のハイパワーにより、さらに短い時間で圧力調理ができ、魚の骨などの堅い食材もホロホロにやわらかく仕上げることができる「マイコン電気圧力鍋 YPCC-M400」を新発売いたします。また満水容量は4.0Lで、およそ4名分の料理を作るのに適しています。



◆商品特長
1.業界最高クラス(※1)1200Wのハイパワーで時短調理
2.圧力は7段階で細かく設定でき、様々な料理に対応
3.「炒め」調理もでき、1台8役
4.蒸気口から離れた位置に「蒸気抜きボタン」を搭載
5.満水容量4.0Lで、およそ4名分が作れるファミリーサイズ

 70レシピを収録するオリジナルレシピブック付きなので、初めて電気圧力鍋を使う方にもおすすめです。おいしい料理を時短で手作りし、食卓で楽しいひと時をお過ごしください。

(※1)国内家庭用電気圧力鍋(満水容量4.0Lクラス)において 2022年2月9日当社調べ



<商品特長>

1.業界最高クラス(※1)1200Wのハイパワーで時短調理

 業界最高クラス(※1)1200Wのハイパワーで、加圧時間を短縮します。加圧時間を短くすることで、調理にかかる時間全体も短縮します。
 また広口の浅型鍋でムラなく加熱でき、料理がより美味しく仕上がります。
(※1)国内家庭用電気圧力鍋(満水容量4.0Lクラス)において 2022年2月9日当社調べ


2.圧力は7段階で細かく設定でき、様々な料理に対応

 自動メニューの他、食材に合わせて1~7段階で圧力レベルを手動設定することが可能です。最高圧力7の70kPa(※2)では、魚の骨などの堅い食材もホロホロにやわらかく仕上がります。調理時間も手動設定ができ、また予約や保温機能も搭載しています。
◆圧力レベル:最小1~最大7まで7段階
◆調理時間:1分~3時間まで1分単位(手動圧力調理の場合)
(※2)kPa(キロパスカル)は圧力の大きさを示す単位


3.「炒め」調理もでき、1台8役

 蓋を開けたまま高温調理ができる構造にすることで、「炒め」調理も可能になりました。カレーを作る際も、材料を事前にフライパンで焼くといった工程が、YPCC-M400だけで完結。洗い物が減り、さらに家事を楽にします。
 炒め調理のほか、圧力・炊飯・鍋・無水・スロー・発酵・低温の、計8種類の調理方法ができ、料理の幅が広がります。


4.蒸気口から離れた位置に「蒸気抜きボタン」を搭載

 圧力調理には、加圧時間・圧力調理時間・減圧時間がかかりますが、YPCC-M400は蒸気抜きボタンを搭載しているので、早く減圧したいときに便利です。また、蒸気口から離すことで、蒸気抜きの際に熱い蒸気に触れにくい仕様としました。


5.満水容量4.0Lで、およそ4名分が作れるファミリーサイズ

 満水容量4.0L、調理容量2.6L、炊飯容量は8合炊きです。ご家族分の料理を一気に作りたい方はもちろん、作り置きをしたい方にもおすすめのサイズです。
 また内鍋には取っ手が付いているので、調理後の持ち運びに便利です。




<商品仕様>



商品名 マイコン電気圧力鍋
型式 YPCC-M400
定格 AC100V 50/60Hz 1200W
最高圧力 70kPa
寸法 (約)幅322×奥行337×高さ228mm
質量 (約)5.6kg
コード長 1.0m
調理容量 (約)2.6L
炊飯容量
(白米)
1.44L(8合)
呼び容量
(満水容量)
(約)4.0L
安全装置 温度ヒューズ、電流ヒューズ、圧力スイッチ
価格 オープン

◆商品情報
https://book.yamazen.co.jp/product/cook/c_others/YPCC-M400.html

◆オリジナルレシピブック
PDF版:https://book.yamazen.co.jp/common/files/yamazenbook/YPCC-M400.pdf
Web版:https://book.yamazen.co.jp/classyamazen/report/entry-10441.html

以上

■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX 06-6534-3280
E-Mail info07@yamazen.co.jp

当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

ページトップへ