検索

ニュース

「煙の少ない焼き肉グリル (XGRILL PREMIUM)」のTVCMを9月22日(水)より放映開始!

おうち焼き肉はお父さんが大変!?そんなことはありません!

「煙の少ない焼き肉グリル (XGRILL PREMIUM)」のTVCM
9月22日(水)より放映開始!!


 株式会社山善(本社:大阪市西区/代表取締役社長:長尾雄次 以下、当社)は、9月中旬より販売を開始している「煙の少ない焼き肉グリル YGMC-FXT130」のTVCMを、9月22日(水)より関西・中京エリアにて放映開始いたします。


 当社の「煙の少ない焼き肉グリル YGMC-FXT130」(以下、XGRILL PREMIUM)は、業界初(※1)の独自のXカット構造を採用したプレートで油落ちを促進し、さらに吸煙ファンを内蔵することで煙の拡散を抑えます。調理中の煙を約94%カット(※2)するのに加え、油ハネも軽減 (※3)することができ、室内でも快適に焼き肉を楽しめる商品です。
(※1)従来品「YGMA-X100」発売時 国内家庭用焼き肉グリルにおいて(2020年7月21日 当社調べ)
(※2)当社ホットプレートとの比較(発煙性試験 試験番号 JH210690055-1 発行日 2021年7月19日)
(※3)当社ホットプレートとの比較(油飛散性試験  試験番号 JH210690055-9 発行日 2021年7月19日)

 この度、「XGRILL PREMIUM」の発売にあわせて、9月22日より関西・中京エリアでTVCMを放映いたします。
 TVCMは、とある家庭の「おうち焼き肉」の一コマという設定。古いグリルで焼き肉をしていると、なにやらすごい音が聞こえてきて…お父さんが大忙し(!?)な「掃除機篇」と、「XGRILL PREMIUM」の吸煙力の凄さを、お父さんと家族のコミカルなやり取りで表現する「吸煙力篇」の2本を放映します。
商品がアップとなるカットには、「焼肉グリルも。山善」というクレジットを挿入。当社が、生活シーンを快適に便利に彩る商品を多数取り扱っていることを表しました。
 「も。山善」のTVCMは、第1弾として「電動昇降デスク」を4月に、「コンパクトクーラー」を6月に放映し、ご好評をいただきました。今回はその第3弾となります。「XGRILL PREMIUM」の特設サイトでも公開しますので、ぜひご覧ください。


<制作裏話>

 焼き肉グリルの撮影のため、お肉のシズルカット(お肉の焼ける音や味わいを想起させる映像)にこだわりましたが、それ以上に最大のポイントである「煙の少なさ」をいかにうまく表現するかに一番注力しました。ファンスイッチを入れると、プレート側面の吸い込み口から煙を吸い込むのですが、うまく煙が発生しなかったり、その力強さがなかなかうまく撮影できなかったりと悪戦苦闘。俳優さんたちは、何度もお肉を焼きながら「うまく煙がなくなるベストな瞬間を見守る」という”我慢”の時間が続きました。さらにお父さんとお母さん、娘役の3人が何度も台詞の読み直しをすることで、まるで本物の家族のような空気感に。結果として撮影時間は実に8時間にも及びましたが、スタッフの皆さんのお陰で、自信作となりました。ぜひご覧ください!


<TVCMはこちらからもご覧いただけます!>

※9月22日(水)からご覧いただけます。
https://book.yamazen.co.jp/lp/xgrill 

【ご参考】
第1弾「電動昇降デスク」TVCM https://book.yamazen.co.jp/lp/shokodesk/
第2弾「コンパクトクーラー」TVCM https://book.yamazen.co.jp/lp/compactcooler/


<TVCM放送概要>

放送期間:9月22日(水)~10月5日(火)
放送地域:関西(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫)、中京(愛知・岐阜・三重)エリア
放 送 局:読売テレビ、中京テレビ



<「煙の少ない焼き肉グリル YGMC-FXT130 (XGRILL PREMIUM)」について>

 業界初の独自のXカット構造を採用したプレートで油落ちを促進し、焼き肉で出る煙と油ハネを抑えることで人気の焼き肉グリル「XGRILL」シリーズの第3弾。
 プレート側面の吸い込み口から、内蔵の吸煙ファンが煙を強力に吸い込むことで、調理中の煙を約94%カットと、シリーズ最高の”減煙”を実現しました。
 また、「匠のたこ焼きプレート」も付属。一般的なたこ焼き器よりも少し大きい、ボリュームのあるキレイな丸型のたこ焼きが楽しめます。各パーツは取り外し可能なので、お手入れも簡単です。

■商品詳細は下記URLからご覧ください。
https://book.yamazen.co.jp/lp/xgrill


以上

■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX 06-6534-3280
E-Mail info07@yamazen.co.jp

当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

ページトップへ