検索

ニュース

「DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付 YAR-WED18」を新発売

室温センサー・湿度センサーで命を守るお手伝い

「DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付 YAR-WED18」を新発売


 株式会社山善(本社:大阪市西区/代表取締役社長:長尾雄次 以下、当社)は、暑さ指数(WBGT値)(※1)に基づいて、室温センサーで風量を自動コントロールし、音と光で熱中症の注意喚起を行う「DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付 YAR-WED18」を、全国の家電量販店、ホームセンター並びに当社が出店・運営するインターネット通販「くらしのeショップ」などで4月下旬より順次発売いたします。


 近年、地球温暖化などの影響により、屋外に限らず室内でも熱中症のリスクが高まっていると言われています。特に、体温調節機能が低下しているご高齢の方や、まだ体温調節機能が十分に発達していないお子様などは、成人よりも熱中症のリスクが高く、注意が必要です。

そこで当社では、暑さ指数に基づいて、室温センサーと湿度センサーによって熱中症の危険度を判定し、光の色と音で注意喚起を行う「DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付 YAR-WED18」を開発しました。暑さ指数を「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5段階に分け、「厳重警戒」「危険」になると風量が自動で強くなり、室内の空気の循環・攪拌を行います。また、暑さ指数の段階が上がると警告するランプの色が変わるほか、「厳重警戒」「危険」レベルになると、アラート音で熱中症の危険をお知らせします。

熱中症は、外気温が高くなるにつれ、室温が思った以上に上昇していることに気付かないまま過ごすことから、実は住宅等の居住場所でも多く発生しています。エアコンと「DCエアーサーキュレーター 熱中症対策機能付 YAR-WED18」を併用し、気付かないうちに忍び寄る熱中症のリスクに備え、快適な夏をお過ごしください。

※1:熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標


<商品特長>

1.暑さ指数による風量自動コントロールと警告機能

 暑さ指数(WBGT値)に基づいて、室温と湿度によって警戒アラートの表示・運転を行います。暑さ指数が上がるにつれ、風量が自動で強くなります。また、暑さ指数に合わせて光の色でもお知らせし、暑さ指数が「厳重警戒」「危険」になると、「ピー」といったアラート音で警告します。(熱中症そのものを防ぐものではありません。)
   


室温・湿度と警戒アラートの段階

室温・湿度と警戒アラートの段階

    
※2(右上表内):室温・湿度に関わらず、起動時には警戒アラート表示がどの段階でも運転を開始します。警戒アラート表示が「警戒」以上になった後、「ほぼ安全」になった場合は、運転を停止します。運転開始後、警戒アラートが「ほぼ安全」または「注意」を維持しているときは、そのまま運転を継続します。


2.工具不要で前面ガードと羽根が取り外せる、お手入れ簡単設計

 サーキュレーターは、ネジで前面ガードや羽根を固定するタイプが多いですが、「DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付 YAR-WED18」は手で取り外すことができるため、工具を用意する必要がありません。お手入れがしづらかった、ガードの隙間や羽根の裏側なども、簡単にお掃除をすることができます。




<商品仕様>



商品名 DCエアーサーキュレーター 熱中症警戒機能付
型式 YAR-WED18
製品寸法(約) 幅:225mm×奥行:210mm(上向き時225mm)×高さ:325mm(上向き時315mm)
製品質量(約) 2.3kg
電源 AC 100V(50-60Hz共用)
消費電力 21W
首振り角度(約) 上下自動首振り:90° 
左右自動首振り:80°
コード長(約) 1.6m
価格 オープン価格

      

以上

■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX 06-6534-3280
E-Mail info07@yamazen.co.jp

当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

ページトップへ