検索

ニュース

レバー式昇降テーブル/昇降パーソナルデスクを新発売

テレワークを応援!使用場所や高さも自由自在

レバー式昇降テーブル/昇降パーソナルデスクを新発売

    
株式会社山善(本社:大阪市西区/代表取締役社長:長尾雄次 以下、当社)
は、テレワークにぴったりの、使用者に合わせて高さが変えられる「レバー式昇降テーブル KUT-7040」と「レバー式昇降パーソナルデスク KUP-6045」を、全国の家電量販店、ホームセンター並びに当社が出店・運営するインターネット通販「くらしのeショップ」などで10月上旬(※1)より順次発売いたします。
※1:レバー式昇降パーソナルデスクは12月上旬発売予定
   


TOP画像

レバー式昇降テーブル KUT-7040

       
当社が今年1月に販売を開始した昇降デスクは、4月に入り、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務、テレワークが増加したことにより、仕事用デスクとしての需要が伸びています。そこで、この度、昇降デスクシリーズにパーソナルユースに最適なサイズとして、「レバー式昇降テーブル」と「レバー式昇降パーソナルデスク」を新たに追加します。ノートパソコンで作業する際にちょうど良いコンパクトな机のサイズで、椅子に座って使用することはもちろん、立ちながら使用する時など、様々な形でご使用いただけます。

10月上旬発売の「レバー式昇降テーブル」は、机の高さを60~95cmまで調節可能。「コの字型」で60cmまで下がるので、ソファやベッドでの作業用テーブルやサイドテーブルとしても使用できます。ガス圧式のレバータイプなので、高さ調節はスムーズかつ無段階で行えます。また、低床キャスターを採用することで、脚部がソファと床面との狭い隙間にも入り込むため使いやすいうえ、床面との距離も近く、低重心で安定感があります。天板には天然木突板を使用。4色のカラーバリエーションで、どんなお部屋にも溶け込みます。

また、支柱が中心にあることで安定感があり、デスクとしての使用に特化した「レバー式昇降パーソナルデスク」は12月上旬に発売する予定です。
     

<商品特長>

(1) ガス圧式のレバー操作で机を簡単昇降

「レバー式昇降テーブル」は気軽にサイドテーブルとして使用もできるコの字型。高さ60~95cmまで調節でき、ソファやベッドでのご使用、座りから立ち姿勢まで多くのシーンに適しています。
「レバー式昇降パーソナルデスク」は机の高さを67.5~102cmとしました。支柱が中心にあることで安定感があり、デスクとしての使用に特化しています。


左:レバー式昇降テーブル/右:レバー式昇降パーソナルデスク

左:レバー式昇降テーブル/右:レバー式昇降パーソナルデスク

           
(2) 安定性のある“低床キャスター”を採用

低床キャスターは、床面との距離が近く、低重心で安定性が高いほか、「昇降テーブル」はコの字型なので、脚部(高さ 約3.5cm)がソファやベッドとの床面との隙間に入りこみ、サイドテーブルとしても使用可能です(※2)。
※2:ソファやベッドと床面に約3.5cm以上の隙間   
がある場合に使用可能


サイドテーブル使用画像

レバー式昇降テーブル

    
(3) 天板に天然木突板を使用

リビング、ダイニングなど様々な場所で使用していただくため、お部屋に溶け込みやすい天然木の突板を使用しました。また、突板を使用することで強度もあり、安心してご使用いただけます。天板のカラーはお部屋のインテリアに合わせて4色ご用意いたしました。


天板カラー4色

左上から:オーク、ウォルナット、ホワイト木目、ブラック木目

    
<商品ラインナップ>

(1) レバー式昇降テーブル KUT-7040


レバー式昇降テーブル KUT-7040
商品名・型式 レバー式昇降テーブル KUT-7040
カラー オーク、ウォルナット、ホワイト木目、ブラック木目
サイズ(約) W70×D40×H60~95cm
材質 天板:突板 18mmMDF/フレーム:スチール
販売価格 オープン
発売開始 10月上旬

     
(2) レバー式昇降パーソナルデスク KUP-6045


商品名・型式 レバー式昇降パーソナルデスク KUP-6045
カラー オーク、ウォルナット、ホワイト木目、ブラック木目
サイズ(約) W60×D45×H67.5~102cm
材質 天板:突板 18mmMDF/フレーム:スチール
販売価格 オープン
発売開始 12月上旬

              

以上

■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX 06-6534-3280
E-Mail info07@yamazen.co.jp

当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

ページトップへ