CROSS TALK 若手社員が語る、山善の素顔

CROSS TALK 若手社員が語る、山善の素顔
はたして山善のどこに惹かれ、なにを実現したく入社を決めたのか―。
就職活動を振り返ると同時に、仕事のおもしろさや現状の課題、
そして今後の目標までを、2014年入社の同期5名に語ってもらいました。
読み終わった後は、「こんな先輩たちと一緒に山善で働きたい」と感じていただけるはずです。

高澤 昌彦 高澤 昌彦

高澤 昌彦 (総合職)
Masahiko Takasawa

スマート・ファクトリー・
ソリューション支社 セールス

網川 慶希 網川 慶希

網川 慶希 (総合職)
Keiki Amikawa

情報システム部 システム開発

安福 千秋 安福 千秋

安福 千秋 (一般職)
Chiaki Yasufuku

家庭機器事業部 営業事務

佐藤 文哉 佐藤 文哉

佐藤 文哉 (総合職)
Fumiya Sato

機械事業部(海外) セールス

吉岡 渚 吉岡 渚

吉岡 渚 (一般職)
Nagisa Yoshioka

住建事業部 営業事務

Q 1. 山善に興味を持ったのはなぜ? Q 1. 山善に興味を持ったのはなぜ?

私の決め手はやっぱり「人」。選考途中で出会った社員の人たちが話しやすく、終始和やかに進んでいったので、入社後も温かく迎えてくれそうと感じたんです。
佐藤
商社を希望した理由は、僕の強みが生かせるからです。学生時代に留学を経験してから、漠然とグローバルにビジネスを行っている社会人になっていたいという夢がありました。中国語を生かせる商社を探していたところ、出会ったのが山善でした。
高澤
僕は最初、メーカーばかり受けていましたが、たまたまエントリーした山善の合同説明会がおもしろくて。情熱をもって仕事に取り組んでいる先輩社員の姿を見て、「こんな風になりたい」と憧れました。
網川
吉岡さんや高澤くんと同じく、社員の人たちの雰囲気に引き込まれました。面接も日常会話の延長線上のようなイメージで、飾ることなく自分のことを話すことができました。それが決め手でしたね。
安福
それは確かにそうかも! 一人ひとりの人柄を引き出すような、アットホームな面接だったことを今でも覚えています。「人」が好きな社員が多く、いつもあたたかな空気に包まれているのは、面接で人柄を見ているからかもしれません。
網川
入社して改めて感じるのは、風通しのよさ。それは安福さんが言うように、社員の人柄から自然に出てくるものだと思います。もちろん仕事だから、厳しい局面もありますが、上司や先輩がサポートしてくれる安心感・信頼感もありますね。
佐藤
本当にそう思います。もっとお堅い会社なのかな…と思っていましたが、入社してみると役職関係なく、みんなワンフロアで一緒の空間にいるから相談しやすいし、それが部署・役職の垣根を越えてフラットな環境を作り出している気がします。もちろん、同期とも仲が良いですよ。

Q 2. 入社後、どんな仕事をしていますか? Q 2. 入社後、どんな仕事をしていますか?

佐藤
希望通り、台湾・中国地域への日本製工作機械の輸出を担当しています。主には、メーカーとの打ち合わせや機械完成時の立ち合い、輸出許可の申請など。実際、現地のお客様を訪問することもあります。
安福
私は業務として、ホームセンターや家電量販店、通販会社に商材を卸しています。受注・発注業務に加え、見積作成、伝票処理、工程管理なども私たちの仕事。取引ごとに異なる締切り時間に間に合うよう、計画的かつスピーディに仕事をすることが必要です。
吉岡
商材の手配や伝票処理、電話応対、営業が外出しているときのサポートなど、“縁の下の力持ち”的な役割を担っています。取扱メーカー・商品が多く、また他部署の商材についてお問い合わせをいただくこともあるため、カタログを見るなどして日々知識を増やしています。
網川
情報システム部は、各部署で使用しているシステムの改善・充実を図っています。自分が関わったシステムが、実際に業務で使われているところを見ると、素直に嬉しいですね。システムの仕様を知ることで、点と点でつながって線になるように、他部署の仕事の流れが分かっていくのも面白いと感じます。
高澤
僕は営業なので、既存の取引先に商材をPRし、興味をもっていただいたら見積作成、金額が合えば成約となります。スマート・ファクトリー・ソリューション支社は、ものづくりの現場に優れた工作機械だけでなく、生産ラインの構想や自動化のシステム等も提案するため、日々勉強ですね。お客様の要望に的確に応えることができたときは、たまらなく達成感を感じます。また、チームワークを大切にしている部署です。この武器があるからこそ、無理難題があっても果敢にチャレンジしていけるんじゃないかと思います。

Q 3. 印象に残っている先輩・上司からのアドバイスは? Q 3. 印象に残っている先輩・上司からのアドバイスは?

高澤
以前、得意先に迷惑をかけてしまうようなミスがあり、対処をずるずると後回しにしていたら問題が大きくなり、取り返しのつかないことになっていました。そのときに「ミスほど先に報告しなさい」と上司に叱られたのが、早いレスポンスをいちばんに考える今の姿勢につながっています。
安福
ミスをいつまでも責められるようなことはないよね。失敗から学ぶことが、次のステップに進むために重要だと見てくださっているんでしょうね。
吉岡
私も、課会で言われた「ミスは抱え込まないですぐに上司に報告しなさい」という課長の言葉が印象に残っています。嘘、偽りなく対応していれば、仲間だけでなく、お客様も助けてくれるんだと改めて感じました。
佐藤
お客様、メーカー様あっての山善なので、仕事の進め方についてアドバイスをいただくことが多いですね。入社してまずアドバイス頂いたのは連絡の大切さです。例えば、今手を付けている仕事が2日かかるとして、2日後に完成してから提出するのではなく、まずどれ位時間が必要か連絡を入れる等。また、業務の人をはじめ、様々な人の協力があってこその営業職ですので、困ったときやミスをしたときも協力し合える環境づくりが大切だと思っています。
吉岡
そう言っていただけると嬉しいですね。業務は営業職の大切なお客様を任されている立場なので、その信頼に応えたいという一心で取り組んでいます。だからこそ、「ありがとう」のひと言がいただけたときは嬉しく、仕事への意欲に繋がりますね。
安福
確かに。些細なことでも「ありがとう」と言い合え、気持ちよく仕事できる環境が山善にはありますね。
網川
僕は、システムトラブルがあったときのリカバリーを大事にしています。もちろんミスを起こさないことが前提ですが、何かあったときのためにバックアップをとることは欠かしません。

Q 4. 将来像を教えてください。 Q 4. 将来像を教えてください。

網川
まずは、現在参加しているプロジェクトを成功させることです。営業部、そのほか管理部門の業務を把握しきれていないので、しっかり勉強したうえで使用者全員に満足してもらえるようなシステムを作り上げたいと考えます。
高澤
お客様、メーカー、協力会社。それぞれの立場の方々の意見を吸い上げながら、ベストな提案をすることが、僕たち商社マンのあるべき姿だと思います。これを繰り返していくことで、お客様との信頼関係をより構築していきたいですね。
佐藤
営業になってはじめて、言語力や知識量の足りなさを感じています。成長できるチャンスは山ほどあるので、これからも学ぶ姿勢を忘れずに様々な仕事に取り組もうと思います。
吉岡
私も同じで、仕事を通して知識を蓄えながら、日々の仕事に磨きをかけたいと思っています。
安福
社員同士が仲良く、活気のある会社だと実感しています。また、若いうちからどんどん担当を持たせてもらえるので、たくさん経験を積むことができているのもありがたいです。今後も山善の一員として、明るく前向きに勤め続けたいと思います。

Q 5. 就職活動中のみなさんにひと言。 Q 5. 就職活動中のみなさんにひと言。

安福
素直に自分らしく頑張ってください。壁にぶち当たることもあるかもしれませんが、最終的には本当に働きたいと思える企業から内定がもらえるはずです。
佐藤
就職活動は人対人です。相手の目を見てハキハキと話す…、そんな基本的なことをまずは大事にしていただきたいですね。内定先では40年間お世話になるかもしれません。スキルは入社してからいくらでも培えますから、人として当たり前のことをできるように頑張ってください!
網川
志望動機やアピールポイントなどを聞かれると思いますが、人となりや雰囲気なども判断基準として少なくないと考えます。面接も機械的になりすぎるのではなく、素直に自分の長所をアピールするのも忘れないようにしてください。余裕をもって取り組めば、良い結果につながると思います。
吉岡
たくさんの企業を見て、実際に働く社員の方の話を聞くこと。そうすれば、自分が働いたときの姿がイメージしやすいと思います。悔いのない就職活動にしてくださいね。
高澤
僕の立場でいうのもなんですが、山善も成長途中の会社です。海外にフィールドが広がっていたり、新しい部署が立ち上がったりと、さまざまな経験ができる可能性があります。ぜひ一緒に成長できる職場を共有しましょう! 面接の際は、どういう社会人になりたいのかを熱く語れることが、相手の印象に残るコツだと思います。応援しています。