CROSS TALK 若手社員が語る、山善の素顔

CROSS TALK 若手社員が語る、山善の素顔
はたして山善のどこに惹かれ、なにを実現したく入社を決めたのか―。
就職活動を振り返ると同時に、仕事のおもしろさや現状の課題、
そして今後の目標までを、2017年入社の同期5名に語ってもらいました。
読み終わった後は、「こんな先輩たちと一緒に山善で働きたい」と感じていただけるはずです。

石崎 佳奈子 石崎 佳奈子

石崎 佳奈子
Kanako Ishizaki

機工事業部・営業事務

中村 美優 中村 美優

中村 美優
Miyu Nakamura

家庭機器事業部・営業事務

三輪 達也 三輪 達也

三輪 達也
Tatsuya Miwa

機械事業部 (海外)セールス

辻村 航輝 辻村 航輝

辻村 航輝
Koki Tsujimura

トータル・ファクトリー・
ソリューション支社 セールス

野中 翼 野中 翼

野中 翼
Tsubasa Nonaka

営業管理部

Q 1. 山善に興味を持ったのはなぜ? Q 1. 山善に興味を持ったのはなぜ?

中村
私は社員の方の印象が決め手でした。面接の日、すれ違った先輩社員の方に「面接、頑張ってね!」と声をかけてもらい、緊張がほぐれたのが今でも印象に残っています。
野中
僕も同じような印象を持ちました。一次面接のとき、待合室で順番を待っていたら、人事の方が他愛ない話をしてくださったのです。二次面接のときも同じ方が声をかけてくださり、リラックスして面接に臨むことができました。実際に内定をいただいた後にも、面談などで社員の方とお話をする機会があり、面倒見のいい会社だと感じました。
三輪
僕は海外営業に興味があり、海外拠点をたくさん持っている山善に興味を持ちました。また、面接のときに日常会話の延長線上のような感じで、素の自分を出すことができたのも決め手になりました。この会社なら無理をせず、自分の実力を発揮して、生き生きと働けそうと思ったのです。
辻村
元々機械工学の勉強をしていて、機械の開発にも興味がありましたが、機械を武器に自由度の高い提案ができる商社の営業マンに惹かれました。同学部の友人のほとんどが技術職に進んだ中、営業職という選択は個人的に良かったと思います。
中村
私は、働きやすい環境が整っていることも入社の決め手でした。時短勤務や産休・育休後の復帰のしやすさなど働き方の柔軟性があり、女性が長く続けられる環境が整っていると感じます。これは入社後感じたことですが、社員の誰かが席を外したり、休んだりしたときに、自然とフォローし合える環境があります。
三輪
就職説明会や面接で受けた「人」の印象が、いい意味で入社してからも変わらない会社ですよね。
中村
みんな親切で、忙しくてもこちらからアクションすればきちんと教えてくれます。年次が上がって後輩もできたので、先輩からもらった恩を後輩に返せるように頑張りたいです。

Q 2. 入社後、どんな仕事をしていますか? Q 2. 入社後、どんな仕事をしていますか?

野中
営業管理部では、債券債務の管理をしており、仕入先の支払いや販売先の回収業務に携わっています。営業マンの営業活動のサポートや内部統制業務、会計士とのやりとりまで幅が広く、頭の中のスイッチを切り替えながら、常に慎重に取り組んでいます。
三輪
海外機械部にて、ベトナム地域の日本側の窓口をしています。具体的に言うと、ベトナムの現地営業が受注した案件を受け取り、滞りなく輸出まで手配するのが僕の仕事です。ベトナムへの新規進出を検討されている取引先に営業をかけることもあります。
辻村
工作機械と自動化・省力化装置などを直接ユーザーへ販売する仕事になります。工作機械は単価が高く、さらに専門性を求められることも多いので、大学時代に培った機械工学の知識が生かされています。
中村
私は業務として、ホームセンターや家電量販店、通販会社などの小売店に、仕入れ先から調達した商品を卸しています。一般職と言っても、お客様や同じ部門の先輩、営業担当などと多く人と接する機会があり、日々やりがいを持って仕事ができる環境です。
石崎
注文や見積もり作成から、取引先からの電話対応まで、セールスのサポートをするのが私たちの役割。だからこそ、この人はメール、この人は電話…というように、人によってレスポンスの方法を変えています。出先の多いセールスの方なら、留守番電話を残さないと気付かないこともありますし。細かいことですが、こうした姿勢が積み重なってできた信頼関係が生まれ、仕事もスムーズに進められるようになるのだと感じています。

Q 3. 仕事でやりがいを感じるときは? Q 3. 仕事でやりがいを感じるときは?

石崎
お客様と信頼関係が築けていると実感したときです。ミスをした際に、「いつも頑張ってくれているから」とフォローの声をいただいたときは、「真面目にやっていてよかった」と安堵すると同時に、「これからも頑張ろう」と気持ちが引き締まります。
三輪
インフラ環境が整っていない国に工作機械を輸出し、機械が生産できるようにサポートできたときはやりがいを感じます。特に、ベトナムは高度成長の波がきている地域なので、時代や産業、文化を切り開く一員として携われるのも嬉しい限りです。
辻村
お客様に寄り添って問題解決ができたときです。例えば、お客様がAという商品を求められたとします。Aを素直に販売すると、お客様が喜ばれるかもしれませんが、僕はこの流れにやりがいを覚えません。Aではなく、それよりもメリットを感じるBをプレゼンし、導入していただいたときにようやく「やっていてよかった」と感じます。だからこそ、日頃から知識量もコミュニケーション力も磨くようにしています。勉強したことで、お客様のお困りごとを解決できたり、お客様からの感謝の言葉をいただいたときの達成感はひとしおです!
中村
仕事を進める上で気を付けているのは正確性です。だからこそ、1日の仕事をミスなくスムーズにこなせたとき、「成長したな」と感じます。また、初めて後輩ができたこともモチベーションにつながっています。
野中
僕の場合、セールス部門のバックアップも行っているので、自身の担当している営業マンに頼ってもらったとき、信頼関係が構築できていることにホッとします。

Q 4. ずばり、山善の魅力は? Q 4. ずばり、山善の魅力は?

辻村
山善の魅力といえば、やはり「人」。同じセールスでも、とにかく足を使って営業をする方もいれば、緻密な顧客分析、マーケティング分析を行って、理論立てて営業をする方もいらっしゃります。共通して言えることは、真面目な人が多いこと。お客様に対して真摯に向き合っている上司の姿にいつも刺激を受けています。それから、部下の意見にしっかり耳を傾けてくれる上司が多いのも特徴。分からないところがあれば、的確なアドバイスをしてくれる社風があります。
石崎
私も同じで、先輩のやさしさに助けられたことが多々あります。私がわからないことを質問しても丁寧に教えてくれますし、こうしたフォローにより仕事の質を上げることができました。 入社して改めて感じるのは、風通しのよさ。部署のメンバーは全員仲がよくで、コロナ禍の前は定期的にランチ会を開いていました。
野中
僕も石崎さんと同じです。業種柄、さまざまな部署の人と会いますが、役職関係なく話しやすい方ばかり。近い年次の方とは、仕事以外でもサッカー、フットサルなどの社外活動を通してコミュニケーションをとることも。このように、普段から連携がとれているからこそ、部署の垣根をこえて仕事をするときにやりやすいのだと感じます。
三輪
商社であり、メーカーであることも山善の強みです。工作機械のお客様だと、扇風機を取り扱っていることをご存知ない方も多いので、距離を縮めるための切り口にもなります。
辻村
本当にそうですよね。商社、メーカーの2つの顔を持っていることが、会社自体の強さ、懐の広さに直結していると思います。

Q 5. 就職活動中のみなさんにひと言。 Q 5. 就職活動中のみなさんにひと言。

三輪
僕の場合、就職活動を始める前提として語学を使いたい。海外に携わった仕事がしたいという思いがありました。このように、あらかじめやりたいことを明確にしておくと、本当に働きたいと思える企業が見えてくると思います。まずは、自分のやりたいこと、興味のあることを抽出することから始めてみてください。
石崎
いちばんの判断基準になったのは仕事内容ではなく「人」でした。もちろん壁にぶち当たることもあると思いますが、自分にぴったりの企業は必ず見つかると思うので、後悔のないように頑張ってほしいです。
野中
就職活動の際は、ひとつ上の先輩に話を聞いたり、視野を広げるために毎日のように説明会に参加しました。商社、その中で山善に出会えたのも、業界研究・企業研究の賜物だと思います。みなさまにもステキな出会いがあることを祈っています。
辻村
就職活動で大切なのは、自分を美化しすぎないことです。志望動機やアピールポイントなどを聞かれると思いますが、ありのままを伝え、本当の自分で勝負することが内定への近道だと思います。まずは自分を知ること、好きになることから始めてみてください!
中村
女性が長く働ける会社をお探しなら、山善がおすすめです。私が所属するチームには、結婚されている方はもちろん、育児休暇から復帰された方もいます。自分にあった働き方ができる点に「本当に人を大切にしている会社だな」と改めて感じます。私も長く働けるように頑張ります。ぜひみなさんも、生き生きと働ける会社を目指してください。