プレスリリース(ニュース)

2013/07/26

防災関連商品のご紹介

このページを印刷


未曾有の大災害を引き起こした東日本大震災は災害に対する備えがいかに重要であるかを浮き彫りにしました。

そこで今回は、YAMAZENが取り扱う防災関連商品を2つご紹介いたします。



地震対策 耐震マット

震度6強の地震波でも倒れない


     東京消防庁の調査[※注1]によると、近年発生した地震でけがをした原因の約30~50%が、家具類の転倒・落下・移動によるものでした。こうした被害を軽減するのにお勧めなのが透明樹脂パッド「耐震マット」です。パッドをテレビやタンスなどの下部4隅に貼るだけで設置完了。貼ってはがして何度も使用できます。

     経時変化・劣化しにくく対象物に色移りの少ないスチレン系の樹脂を採用しており、水洗いも可能です。耐荷重は25キログラム、60キログラム、100キログラム、200キログラムのラインナップをそろえており、様々な家具・家電に対応しています。

    注1: 東京消防庁「地震による負傷原因」より

    <地震対策 耐震マット仕様>

    商品名 地震対策 耐震マット
     本体サイズ(幅×奥行) 30×30(mm) 40×40(mm)  50×50(mm)  100×200(mm)
      耐荷重 25kg 60kg 100kg 200kg
    型番 YT-850 YT-851 YT-852 YT-853
    厚み 5(mm)
    材質 スチレン系ポリマー





緊急簡易トイレ

水が使えない災害や断水時に最適
備えて安心、アウトドアやレジャーにも


     近く発生が懸念されている南海トラフ巨大地震ではトイレ不足が深刻化しそう。国の被害想定では、最大3210万人が下水道の利用が困難な状況になり、東海三県・近畿三府県の約9割で下水道の利用が困難になると言われています。断水の影響を受けて1週間後の避難者数は最大で950万人にもなると予想されており、避難所でのトイレの使用も厳しくなりそうです。

     そうした水を使えない災害時・断水時・緊急時の備えにお勧めなのが「緊急簡易トイレ」。こちらはWEB店舗・くらしのeショップのヒット商品です。消臭効果のある凝固剤で排泄物の気になるニオイを軽減し、厚めの汚物袋を採用したためモレにくく、汚物袋の処理に使う袋も備えているため廃棄も簡単です。通常は洋式トイレの便器と便座に汚物袋をはさんで使用しますが、洋式トイレのない場所でもバケツなどで代用が可能です。

     災害用の備えにしつつ、アウトドア・長時間のドライブでも使用できます。 商品は、10回お試しパックのほか、備蓄用でお得な120回分セット、公共機関・団体・企業向けの360回セットの3種類をご用意しております。

    <緊急簡易トイレ仕様>

    商品名 緊急簡易トイレ( 10回分120回分360回分
    セット内容 汚物袋・処理袋・凝固剤
    材質

    汚物袋・処理袋:ポリエチレン

    凝固剤:高分子パウダー・消臭剤・ウッドパウダー