YAMAZENの収納用品でクローゼットや押入れの収納を見直そう!~YAMAZEN収納特集~

これから年末の大掃除シーズンを迎えるにあたり、クローゼットや押入れ収納の見直しを考えている人も多いはず。
そこで、YAMAZENの収納用品を交えて、クローゼットや押入れ収納の3つのコツをご紹介します。

収納のコツ その1/タテに仕切る

クローゼットや押入れのような奥行きのある収納空間は、タテ向きに仕切ることがコツ。

  • クローゼットに掛けた服の下のスペースもタテに仕切って有効活用

豊富なサイズ展開

クローゼット用は、高さ64.5×奥行き57cmと一般的なクローゼットに、
押入れ用は、奥行き75cmと押入れの下段にそれぞれピッタリのサイズ。
幅はそれぞれ26cm、38cm、44cmと全部で6種類あるので、しまうもの、しまう場所にあわせて選べます。


日用品のストックにぴったり

おもちゃ収納に最適

季節品や小型家電などの収納におすすめ
クローゼット用
幅26cmタイプ 幅26×高さ64.5×奥行き57cm
幅38cmタイプ 幅38×高さ64.5×奥行き57cm
幅44cmタイプ 幅44×高さ64.5×奥行き57cm
押入れ用
幅26×高さ64.5×奥行き75cm
幅38×高さ64.5×奥行き75cm
幅44×高さ64.5×奥行き75cm

しまいやすく出しやすい

奥の方にしまいこんで、「どこにしまったか覚えてない」なんてことはありませんか?
クローゼットや押入れは、タテ向きに仕切った上で、しまいやすく出しやすい収納用品を使うことがコツ。

囲い式のオープン収納だからしまいやすい

囲い式のオープン収納なので、散乱しがちな子どものおもちゃもポイポイと放り込むように収納できます。
上から見下ろして、中のものが一目瞭然になるのも助かります。

  • クローゼットに掛けた服の下のスペースを有効活用しています。屈まなくても中のものが見渡せるのでとても便利です。

    コメント
    山善さんのすっきりスチールワゴンのおかげで収納している全ての洋服が一目で見渡せるようになりました。移動も楽々なので好きな場所に移動させて、衣類を片付けたりできます。 本当におすすめです

    lovelyzakkaさん

    (出典:RoomClip(http://roomclip.jp/)

囲いは着脱可能なので、大きなものをしまう時は横からしまえて便利です。

  • 持ちやすいしっかりとした持ち手が付いているので、女性でも出しやすく便利です。

  • クローゼットや押入れの溝にも負けない大判キャスター付なので、スムーズに移動できます。

    直径50mmの大判キャスター

すっきりと統一感のある収納空間

色もサイズもバラバラの収納用品を使っていると、空間全体がごちゃごちゃした印象に。
色を統一したり、シリーズで収納用品をそろえることがコツ。
すっきりした収納空間になると、きれいな状態が長続きしやすくなります。

生活感を和らげる

有孔ボードのような外観なので、中のものを程よく隠し、生活感を和らげてくれます。

他の収納アイテムとも合わせやすい

白を基調としたシンプルな外観なので、他の収納アイテムとも合わせやすいデザインです。
  • 全体が白で統一されているので、とてもすっきりとした収納空間に。
    『出し入れラクラク収納ラック』と収納ボックスを合わせて使うことで、中のものが見えなくなり、よりすっきりした印象になります。

    harmaaさん

  • 押入れの下段のスペースで使っています。
    モノトーンで統一しているので、とてもスタイリッシュな収納空間になっています。

    ramcoさん

  • (出典:RoomClip(http://roomclip.jp/)

まとめ

クローゼットや押入れなどの収納空間を見直すのは面倒なものと思ってしまいがちですが、
サイズの合った使いやすい収納アイテムを活用すると劇的に空間がすっきりします。
みなさんもYAMAZENの収納アイテムをかしこく使って、すっきりした収納空間で新年を迎えましょう。

その他の収納用品はコチラ