検索

GOVERNENCE コンプライアンス

サステナビリティ

コンプライアンス

山善グループでは、コンプライアンスを単なる法令順守にとどまらず、企業倫理の順守も含めた広義のコンプライアンスと捉え、コンプライアンスを押し付けられた活動ではなく、志として取り組みます。
コンプライアンスのさらなる浸透を図るため「山善グループ企業行動憲章」を制定し、海外・グループ会社を含む全社員に配布していますが、これからも正しい知識の周知・徹底に努め、誠実かつ公正な事業展開を推進してまいります。

山善グループ企業行動憲章

山善及びグループ企業は、広く社会から信頼され、期待され、支持される事業体を目指し、「山善グループ企業行動憲章」として次の10原則を定める。
山善及びグループ企業は、良き企業市民として高い倫理観を維持し、定めた10原則に基づき、人権の尊重、法令・国際ルール及びその精神を順守するとともに社会的良識をもって行動し、世界の国々ならびに地域社会に貢献するグローバル企業を目指す。

1いつもお客様の視点に立った商品・サービスの提供

  1. 1-1顧客のニーズに応え、満足していただける商品・サービス及び関連する適切な情報を提供する。
  2. 1-2顧客に安全で社会的に有用な商品・サービスを提供する。
  3. 1-3顧客からの要望、問合せ等には誠実かつ迅速に対応する。
  4. 1-4個人情報・顧客情報を適正に管理・保護する。

2公正、透明かつ適正な取引

  1. 2-1公正で自由な競争が企業活動の基本であることを認識し行動する。
  2. 2-2法令を順守し、公正、透明かつ適正な取引を推進する。
  3. 2-3 自社の機密情報を管理し知的財産を保護するとともに、他者の知的財産を尊重する。
  4. 2-4不当な利益取得を目的とした贈答、接待を受けない、行わない。

3適時・適切な企業情報の開示

  1. 3-1企業活動の透明性を高めるため適時・適切な情報を積極的かつ公正に開示する。
  2. 3-2社会からの正しい理解を得るために、広報活動等を通じて社会との双方向コミュニケーションを積極的に行う。

4働きやすい職場環境の実現

  1. 4-1社員個々の能力、創造性が十分に発揮できる人事処遇制度を構築する。
  2. 4-2社員の人権を尊重し、差別を行わない。
  3. 4-3 社員の安全と健康のため働きやすい職場環境をつくる。
  4. 4-4社員の個性を尊重し、キャリア形成や能力開発を支援する。
  5. 4-5労使一体を基本とし、社員会(代表)と誠実に対話、協議する。

5環境経営の実践

  1. 5-1環境マネジメントシステム(EMS)により、地球温暖化対策や循環型社会の構築に取り組む。
  2. 5-2環境配慮型商品、環境貢献型商品など環境に有用な商品及びシステムの開発・普及に努め、環境負荷と環境リスクの低減に貢献する。

6社会貢献活動への参画

  1. 6-1「良き企業市民」として、主体性を持って積極的に社会貢献活動を行う。
  2. 6-2社員の地域活動、ボランティア活動などの自発的な社会参加を支援する。

7反社会的勢力・団体との対決

  1. 7-1市民生活や社会の秩序・安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体には毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。

8国際ルールの順守及び輸出入管理の徹底

  1. 8-1貿易に関する法令や国際ルールを順守し、適切な輸出入手続きを行う。
  2. 8-2現地の文化や慣習を尊重した事業活動を推進する。
  3. 8-3 経営の現地化を進める。

9法令順守と企業倫理の徹底

  1. 9-1 経営トップは、法令順守、企業倫理の重要性を機会あるごとに社内外に訴える。
  2. 9-2法令順守と企業倫理を徹底するために全社的な取組体制を構築する。
  3. 9-3 法令順守及び企業倫理に関する教育・研修を実施し、その充実を図る。

10問題発生時の対応と処分

  1. 10-1 万一問題が発生したとき、経営トップ自らの指揮の下、速やかに事実調査、原因究明を行い、企業としての責任ある適切な対応方針・施策を打ち出す。
  2. 10-2情報公開を要する問題については、事実関係、再発防止策を含む対応策を経営トップ自らが社会に対し明確な説明を迅速に行う。
  3. 10-3 原因究明後、権限と責任を明確にした上、就業規則等に基づき経営トップ自らを含めて厳正な処分を行う。

ページトップへ