検索

GOVERNENCEリスクマネジメント 山善のBCP

サステナビリティ

山善のBCP

山善グループでは、事業を中断させる様々な脅威(自然災害、人為災害等)への対応として、2015年10月以降、主要拠点で事業継続マネジメント(BCM)の構築と事業継続計画(BCP)の策定を行い、社内外の環境変化に応じて継続的な改善に取り組んでいます。

BCMにおける取り組み

  • BCP関連書類の見直し
    (最新化)
  • サプライチェーンに対する
    事業継続能力調査の実施
  • 教育訓練の実施
  • 備蓄品や資機材の維持管理
備蓄品の一部
備蓄品の一部
訓練の様子
訓練の様子

BCPにおける取り組み

  • BCP発動時における組織と
    役割の確立
  • BCP発動基準の設定
  • 代替拠点の選定
  • 出社帰宅基準の設定
  • 非常招集の実施
  • 安全確認及び避難の実施
  • 安否確認の実施
  • 応急処置及び救護・救助の実施
  • ハザードマップに基づく各拠点の
    BCP対策の策定

BCPにおける取り組み

危機対応ハンドブックの配布

社員の命と安全と生活を守るため、グループ社員全員に「BCP発動対応ハンドブック」もしくは、「非常時対応ハンドブック」を配布し、災害発生時の連絡手段、安否確認方法等について周知徹底を図っています。

危機対応ハンドブックの配布
破れにくく水濡れにも強い、手帳等に挟めるコンパクトサイズのハンドブック

サプライチェーンにおける取り組み

山善では、自社グループのみならず、サプライチェーン全体でBCP導入を支援するべく、中小企業を対象としたBCP策定のワンストップ・サービス「BCP.ERS(ビーシーパース)」を展開しています。

サプライチェーンにおける取り組み

外部からの評価

レジリエンス認証(※1)を取得

事業継続体制の強化や、災害復旧活動への取り組み等が評価され、事業継続及び社会貢献の分野で「レジリエンス認証」を取得・更新しました。

※1 『レジリエンス認証』とは・・・
内閣官房国土強靭化推進室が制定した「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」に基づき、「一般社団法人 レジリエンスジャパン推進協議会」が、事業継続に関する取り組みを積極的に行っている企業等を認証する制度。

レジリエンス認証

「ジャパン ・レジリエンス・アワード」(※2)3年連続受賞

BCP導入や被災地の復旧活動など、レジリエンス体制の強化に積極的に取り組んできたこと等が評価され、3年連続で「ジャパン・レジリエンス・アワード」を受賞しました。

※2 『ジャパン・レジリエンス・アワード』とは・・・
次世代に向けたレジリエンス社会構築への取り組みを、一般社団法人 レジリエンスジャパン推進協議会が表彰する制度。

ジャパン ・レジリエンス・アワード 2017

  • 主要拠点のBCP導入
  • 「BCP.ERS」(※3)の提供
  • 2016年の熊本地震での復興支援活動

ジャパン ・レジリエンス・アワード 2018

  • 主要拠点、物流拠点のBCP導入と導入後の見直し・訓練等の実施による体制強化
  • レジリエンス認証の取得、「BCP.ERS」の全国展開等

ジャパン ・レジリエンス・アワード 2019

  • 各家庭のレジリエンス力を高めるコンセプト住宅「ZePlus」(※4)の全国展開等

※3「BCP.ERS(ビーシーパース)」とは
中堅・中小企業を対象に、BCP策定コンサルティングから設備機器や備蓄品などの導入に至るまでワンストップでサポート。

※4「ZePlus(ゼプラス)」とは
「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の1つ上を行くプラスアルファのコンセプト住宅。優れた耐震性、省エネ性のみならず、ライフスタイル等に合わせた自由な住まいづくりを提案。


ページトップへ