• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

会社情報|Company info

ホーム  >  会社情報  >  ニュースリリース  >  メキシコ/サン・ルイス・ポトシ新事務所を開設!

プレスリリース(ニュース)

2015/07/15

メキシコ/サン・ルイス・ポトシ新事務所を開設!

このページを印刷


~約600㎡のショールームで日系メーカー約40社の主力商品を常設展示~


 株式会社山善 国際事業本部 (本社:大阪市西区/代表取締役:中田 繞/以下、「当社」)、メキシコ現地法人であるYamazen Mexicana S.A.de C.V (以下、「メキシコ現地法人」)は、メキシコ サン・ルイス・ポトシに、工作機械及び機工商品の常設展示・加工デモンストレーションが可能な約600㎡のショールーム付新事務所を開設し、現地時間の7月16日(木)~7月18日(土)まで、関係者約500名(予定)を招待し、オープンハウス(展示会)と技術セミナーを開催することとなりました。
1

(サン・ルイス・ポトシ新事務所外観)


1.サン・ルイス・ポトシ新事務所開設の背景

 昨今、多くの日系企業がメキシコに進出しており、山善も2013年10月にメキシコ レオン市に現地法人を設立しました。今般新たに事務所を開設したサン・ルイス・ポトシやレオン市がある「バヒオ」と呼ばれるメキシコ中央高原地域には、日系のみならず多くの自動車関連企業等が投資しています。インフラがまだ十分に整備されていないメキシコにおいて、メンテナンス等のサービスを含めたきめ細かいサポートを行うなど、自動車関連企業に積極的な営業を展開するべく、同地域に事務所を開設することとなりました。
 新事務所には約600㎡のショールームも併設されており、オープンハウスでは日系メーカー約40社の主力商品を展示する予定です。このショールームでは、実機を見てデモ加工や試運転を行うことも可能で、オープンハウス後は常設展示場として活用してまいります。
 また、サン・ルイス・ポトシ新事務所は、日本通運株式会社と同じ事務所に入っており、メキシコ内の物流において、同社と協力体制を築いていく考えです。さらに、同社は保税倉庫を完備している為、運送費等のコスト削減や通関処理、配達期間によるリードタイムの短縮等のメリットが享受できます。 
 今後は、これらのメリットを活かしながら、工作機械や機工商品の販売のみならず、設置からメンテナンスに至るまでを担える、トータルソリューション・プロバイダーとしての地位を確立していく考えです。


2.オープンハウス概要

日程 7月16日(木)~7月18日(土)
時間 9:00~17:00
場所 サン・ルイス・ポトシ新事務所ショールーム
出展予定メーカー ブラザー工業㈱、㈱ミツトヨ等日系主力メーカー約40社

※ 日程はメキシコの現地時間です。


3.サン・ルイス・ポトシ新事務所概要

名称 Yamazen Mexicana S.A.de C.V SLP Office
住所 Parque Industrial WTC Industrial Av.Central No.360-1,Fracc.Parque Logistico C.P.78395,
Delegacion La Pila,San Luis Potosi ※
営業開始日 2015年7月中旬予定

※ 7月15日付けで発表いたしましたリリースの住所表記に間違いがありました。お詫びして上記の通り訂正いたします。

mexicomap

以上


本件に関するお問い合わせ先
  【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX  06-6534-3280
E-Mail  info07@yamazen.co.jp
 
  • 当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

>「ニュース一覧(コーポレートサイト)」へ戻る