プレスリリース(新商品)

2018/01/10

『防災帽子』1月初旬より発売

印刷用(PDF版) PDF

このページを印刷

いざっ!というとき、衝撃・炎から大事な頭を守る

『防災帽子』1月初旬より発売


株式会社山善 (本社:大阪市西区/代表取締役:長尾 雄次/以下、「山善」)家庭機器事業部は、万一の災害に備え、携帯にも便利な『 防災帽子』を1月初旬より発売いたします。

防災帽子2
2276610010


近年、全国で防災に関する意識が高まるなか、特に子育てママたちを対象に実施した調査によると、約97%が「地震」に対して強い不安を感じているという結果がでています。その調査の中で子どもや家族のために準備しようと思っているができていないものの上位に「防災頭巾・ヘルメット(41.6%)」があげられています。(出展:博報堂 ママ向けコミュニティサイト『ママスタジアム』子育てママの「防災準備」調査 n=397名)

そこで山善は大手ヘルメット製造メーカーのDICプラスチック株式会社とコラボして、コンパクトに折り畳んで、収納・携帯ができる、防災帽子を発売いたします。


■商品の特徴

基準の3倍以上の衝撃吸収力と協会認定の生地

一般的に普及している「防災頭巾」の衝撃吸収力はあまり高くないうえ、素材の劣化により性能が低下する傾向にあります。当商品は内側に耐衝撃プロテクターを装着しており、その性能は(公財)日本防炎協会が定める防災頭巾の衝撃吸収性能基準の3倍以上の衝撃吸収力を持っています。また帽子と、首周りをおおっているシコロには同協会の認定を取得した生地を使用しています。降りかかる火の粉などに接しても容易には着火せず、また着火したとしても自己消火性能により容易に燃広がることはありません。


DSC_2469使用画像


防災帽子大人2

大人も着用可


かさばらない文庫本サイズ

通常、頭を保護するものとして「ヘルメット」があげられますがかさばってしまうなどの理由で持ち運びや収納に不便だと感じる方も多いと思います。当商品は折りたたむと文庫本サイズまで小さくなるので、各家庭で準備されている防災バッグなどに収納しておくことができます。付属の収納袋に入れると、かさばらず鞄の中に入れやすいのはもちろん、持ち手があるので、子どもの登校鞄に取り付けたり、小学校や中学校の机の横にかけて常備しておくことも可能です。

ランドセル


安心の安全設計

当商品に内蔵されている耐衝撃プロテクターは、欧州規格の試験※1に適合しています。また調節の可能なあごひもが付いて個人それぞれのサイズに合わせてしっかりと帽子を固定することができます。しかし一定以上の力※2が加わると外れるようになっていますので、万が一何かに引っかかっても安心です。


DSC_2484


※1 静止した固い物体に頭部をぶつけることによって引き起こされる障害から着用者の頭部を保護するための被りものに対する規定を設けた欧州規格で人頭型にかぶせた試験体に500gの円錐型のおもりを50㎝の高さから落下させ、人頭型に接触しないことが基準の耐貫通性試験

※2 150Nまで維持し、250N以上で外れる


『防災帽子』商品詳細

商品名 防災帽子
サイズ 幅約11×高さ15×奥行7.5cm 頭周り49~56㎝
重量 約230g
セット内容 帽子、収納袋
価格 オープン価格
取扱店舗 家電量販店、ホームセンター、くらしのeショップ※など

※山善が運営する家庭用品のインターネット通販


DICヘルメットロゴのコピー
DICプラスチック株式会社とは、総合化学メーカーであるDIC株式会社のグループ会社で、ヘルメットなどの企画・開発・製造をてがけるメーカー。綿密かつ精緻なデザインが優位性を生み出している。本社は埼玉県さいたま市。


以上

■本件に関するお問い合わせ先
  【報道関係の方】
広報・IR室
TEL 06-6534-3095 / FAX  06-6534-3280
E-Mail  info07@yamazen.co.jp
 
  • 当リリースにて掲載されている内容は発表日現在の情報等に基づいております。閲覧いただいている時点では、その内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

>くらやまニュース一覧

商品ラインナップ

  • 扇風機
  • 暖房機器
  • 調理家電
  • 家事家電
  • 加湿器
  • 健康機器・マッサージ器
  • AV機器
  • アウトドアグッズ
  • 照明器具
  • ベッド・ベッドまわり
  • 収納
  • デスク・チェア
  • 雑貨
  • 住設建材