• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

ホーム  >  採用情報  >  山善を語る  >  商社マンに求められるのは幅広い視野と高い人間力

  • 明るく自由で、個性を発揮できる社風
  • “個の力”と“数字への飽くなき追求”が真骨頂
  • 商社マンに求められるのは幅広い視野と高い人間力

座談会メンバー

山内 浩司
  • 国際事業本部
  • 営業推進部 部長
  • 山内 浩司
  • 1980年入社
松田 慎二
  • 住建事業部
  • マーケティング部 部長
  • 建設資材部 部長
  • 松田 慎二
  • 1986年入社
吉野 秀一
  • 機工事業部
  • 大阪第2営業部営業課 係長
  • 吉野 秀一
  • 1996年入社
黒木 一貴
  • 家庭機器営業本部
  • 大阪営業部営業課 係長
  • 黒木 一貴
  • 2001年入社
敦賀 和也
  • 機械事業部
  • 西日本営業部開発課 主任
  • 敦賀 和也
  • 2002年入社

山善を語る

山善を語る 画像8

商社マンに求められるのは幅広い視野と高い人間力

――最後に、こんな人と働きたい!という人物像をお聞かせください。

敦賀

商社に定石はないので、時代の変化に敏感に対応できる人が向いているのではないでしょうか。これが今のセオリーだと言っていても何年もしないうちにくつがえることが珍しくないので、変化をいち早く感じ取り、こうしたらどうかと新しい提案を投げかけられるような人、新しい風を吹き込めるような人がいいと思います。

黒木

一言で言うと空気が読める人です。営業の仕事をしているとイレギュラーな局面に頻繁に直面するので、そんなとき臨機応変にどういう対応ができるか、或いは取引先やお客様といかに良好な人間関係が築けるかですね。机上の知識や理屈よりも機転が利くことが重要だと思います。

吉野

山善は商社なので視野を常に広く持ち続けられる人がいいと思います。人の気持ちが分かることも大切です。自分勝手に進むのではなくお客様の気持ちを汲める人、また何事にも積極的に取り組む姿勢を持った人、そんな人には必ず周りがついていきます。そういった資質を持った人にぜひ来ていただきたいと思います。

松田

往々にして自分の興味のないことにはまったく関心を示さない人がいますが、商社マンはいろんなことに興味を持ち、深い知識でなく聞きかじりでもいいので一定の知識を持っている人が向いていると思います。当社は専門商社ですので専門分野を磨いていくのも大切なことですが、世の中には日々いろいろなことが起きていてどこにビジネスチャンスが転がっているか分かりません。ですから世の中のあらゆることに関心を持ち、自分で調べたり人の話を聞いたりできる人がいいですね。得意先を回ると、政治や歴史の話が好きだったり、ゴルフや釣りが好きだったり、様々な趣味嗜好の人がいるので、どんな内容の会話でもある程度ついていける幅広い知識は営業活動をする上で強力な武器になると思います。

山内

商社の営業マンは日本経済の一翼を担うべく、マーケットシェアを巡って食うか食われるかの経済の最前線にいます。うかうかしているとシェアを奪われ、最悪の場合は撤退を余儀なくされます。そんな厳しい営業の最前線で生き抜いていける人は、言われたことはその日のうちに必ずするといったような、人として基本的なことができる人間です。そういう人間力のある人にぜひ来ていただきたいですね。

  • 明るく自由で、個性を発揮できる社風
  • “個の力”と“数字への飽くなき追求”が真骨頂
  • 商社マンに求められるのは幅広い視野と高い人間力