• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

株主・投資家情報|IR

ホーム  >  株主・投資家情報  >  中期経営計画

中期経営計画

山善では現在、2018年度を最終年度とする中期(3ヵ年)経営計画「ONEXT YAMAZEN 2018(ワンネクスト ヤマゼン 2018)」を遂行しています。


「ONEXT YAMAZEN 2018(ワンネクスト ヤマゼン 2018)」の趣旨

ON18Y-1C

山善では今期から2018年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画「ONE XT YAMAZEN 2018 (ワンネクスト ヤマゼン 2018)」をスタートさせました。ONE XT (ワンネクスト)は、ONENEXT をあわせた造語です。「山善の総合力を発揮して、次世代につなげる山善」を表現しています。

新計画の大目標として「売上高3%以上の成長ペース」を設定し、最終年度には売上高5,000億円の大台突破と、経常利益150億円以上を目指します。

5,000億円へ向けた収益基盤を構築するべく、各事業部の中期計画をベースとした3つの指針と10の取り組みテーマに重点投資します。

前3カ年計画で基本コンセプトに掲げた「amaze in YamazeN(驚きは山善の中にある)」は新計画でも継続し、引き続き社内外に対し「さすが!山善」と感じていただけるような様々な”驚き(アメイズ)”で、新しい基盤づくりを行います。


1


「ONEXT YAMAZEN 2018」重点戦略分野(取り組み)

各事業部の中期計画をベースに3つの指針と10の取り組みテーマに重点投資し、競争優位性のある事業基盤を築きます。

Next 1(one)
生産性の向上

Next 
1-1
エンジニアリング機能の強化
Next 
1-2
eビジネスの更なる強化(国内外)
Next 
1-3
物流イノベーションの継続
Next 
1-4
ワークスタイル改革
Next 
1-5
環境負荷の低減

Next 2(two)
海外展開の拡大

Next 
2-1
グローバル・マーケティングの推進
Next
2-2
グローバル・サプライチェーンの構築

Next 3(three)
次世代に向けた
人材育成

Next 
3-1
人材教育プランの策定
Next 
3-2
中途採用/有資格者採用の推進
Next 
3-3
女性管理職の育成


「ONEXT YAMAZEN 2018」の定量目標(2016.5)

■損益計画

(単位:百万円)

2016年度
(第71期)

2017年度
(第72期)

2018年度
(第73期)

売上高 460,000 480,000 500,000
営業利益 13,300 14,000 14,700
経常利益 13,600 14,300 15,000
親会社株主に帰属する
当期純利益
8,700 9,300 10,000
■主要財務指標
 

 2016年度
(第71期)

 2017年度
(第72期)

 2018年度
(第73期)

総資産営業利益率(%) 6.3 6.4 6.5
総資本回転率(回) 2.15 2.16 2.17
キャッシュフロー・マージン率(%) 3.2 3.3 3.5
■事業セグメント別売上高計画

(単位:百万円)

 2016年度
(第71期)

 2017年度
(第72期)

 2018年度
(第73期)

生産財 310,000 319,000 328,000
 機械事業部 136,000 138,000 140,000
 機工事業部 157,000 163,000 169,000
 システムエンジニアリング部 17,000 18,000 19,000
消費財 143,000 154,000 165,000
 住建事業部 63,000 70,000 77,000
 家庭機器事業部 80,000 84,000 88,000
その他 7,000 7,000 7,000