• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

環境・CSRへの取り組み|CSR

ホーム  >  環境・CSRへの取組み  >  安心してお使いいただくために  >  品質管理の取組み

品質管理の取組み

山善はCSRを掲げる企業、特に消費財を取り扱う企業の責務として、製品安全の確保に向けて積極的に取り組んでいます。当社商品をご購入頂いた方々が、満足して、また安心してお使いいただくために、商品開発や製品安全に関する基本的な考え方や行動の在り方をご紹介します。

商品品質・顧客対応

山善では商品品質の向上だけでなく、問題発生時の対応も重要な品質施策と考えております。「商品品質」「顧客対応」の両分野について施策の充実を図っております。

csr_quality01_img_quality01_01
csr_quality01_img_quality01_02 ・「コスト」や「利益」より品質を「優先」します。「消費者の安全」を優先します。
・充分な安全性が確保できる品目のみを商品化します。
csr_quality01_img_quality01_03 ・自社で定める品質基準に完全に準拠した商品のみを取扱います。自社基準は、業界団体等が定める基準と同等、もしくはより厳格なものを採用します。
img_quality01_04 ・普遍性の高いベーシックな商品を長期間にわたり取扱います。ベーシックな商品に対し、継続的に改良を行うことで事故・不良の最小化を図ります。
csr_quality01_img_quality01_05
csr_quality01_img_quality01_06 ・問合せ・クレームの対応に際しては、顧客(消費者・得意先)の安全と利便性・満足を第一に考えます。
csr_quality01_img_quality01_07 ・コールセンターの設置等の施策により、消費者からのアクセスを確保します。
・問題の認知後は可能な限り早期に対策を講じます。
csr_quality01_img_quality01_08 ・情報開示の徹底を図り、開示手段の確保に努めます。

品質管理体制

誤使用も含めた製品の使用に伴うリスクの洗い出しを行い、そのリスクを評価し、その結果を製品の設計、部品、警告ラベル、取扱説明書にフィードバックする等、継続的な製品安全向上に努めています。
製品の安全基準、品質管理、原材料や部材の調達先の把握、その調達先との製品仕様に関する情報共有体制、等を含めた製品安全の確保のために必要な各種規程類の整備を逐次行っています。
原材料や部材の調達、製品の製造、製品の販売等における、日常的な製品安全担当部署として「品質管理室(家機内組織)」および「PL・知的財産管理室(全社組織)」を、さらに全社的に品質管理を統轄する「品質管理・PL委員会」を設置しています。
重大製品事故の発生等により消費者が大きな被害に遭う場面を想定した実効性ある緊急時の体制として「危機管理委員会」を設置しています。

情報の収集・伝達・開示体制

製品事故等(欠陥、不具合、苦情)の情報について、消費者対応としてフリーダイヤルやWeb問合せなどの収集窓口と社内への伝達体制の整備を進めています。
製品事故等の情報について、販売事業者等の社外の関係者に対する開示や、共有し、共用できるような体制の構築に努めています。

製品回収体制

重大製品事故が発生する等の事態に至った場合、消費者の安全を確保し企業としての社会的責務を果たす観点から、速やかに製品回収等の対応をとることを基本原則としています。
製品事故等の情報を基に、製品の設計、部品、警告ラベルや取扱説明書の改良にフィードバックすることにより、製品事故等の再発防止に努め、継続的に製品安全を向上させることとしています。