• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

環境・CSRへの取り組み|CSR

ホーム  >  環境・CSRへの取組み  >  社会との共生を目指して

社会との共生を目指して

CSRコンセプト

よき企業市民として社会に貢献し、企業価値の向上を目指しています。


山善におけるCSR推進の基本コンセプトは何でしょうか?

当社は、「経営理念」として「人づくりの経営(社会に誇れる人材の育成)」「切拓く経営(時代に適合し、変化に対応し続ける企業文化の醸成)」「信頼の経営(産業の発展と豊かな社会づくりに貢献)」を中核に掲げています。
CSRの推進は、この経営理念を具現化するものとして、“よき企業市民”として社会的役割を果たすとともに、社会に有用な存在として“信頼される企業価値”の向上を目指すということです。


具体的な活動として、どのようなことを実施していますか?

社 員の自律行動規範としては「山善グループ企業行動憲章」を、経営の公正性と透明性を高めるものとしては、業務の有効性及び効率性の確保、財務報告の信頼性 の確保、事業活動に係る法令の順守、資産の保全を目的とした「内部統制システム」を構築し、それぞれ運用しています。そして、「内部統制委員会」を設置 し、リスクマネジメント他、各種ガバナンス機能の実効性を高める仕組みを構築するなど、適宜見直しを行っております。


CSR推進活動を適宜見直すとは?

CSR 推進のためには、適切なガバナンス体制が必要で、当社においても充実した体制・組織を構築しております。しかしながら、社会は常に変化し続けています。基 本的な考え方を維持しながらも、社会の変化に対応していくことは企業の重要な使命であり、その役割を果たすために責任を全うしなければなりません。
商 売をする上で、環境の変化への対応が大切であるように、企業活動全体が、社会の要請にお応えできるものでなければなりません。CSRを推進する上で、自ら の体制・組織・規定・ルールなどが、社会の要請に適合しているかどうか、変化を見逃さず、適切に対応していくということです。


コンプライアンスの重要性をどのように認識されていますか?

法令順守はもちろんのこと、社会が求める価値観や倫理観といった法令の背景にある精神をも順守し、社会的責任を果たす透明性の高い企業活動に努めています。
コンプライアンスのさらなる浸透を図るため「山善グループ企業行動憲章」を海外・グループ会社を含む全社員に配布していますが、これからも正しい知識の周知・徹底に努め、誠実かつ公正な事業展開を推進してまいります。


リスクマネジメントについてはいかがでしょう?

経営リスクへの適切な対応を行い、経営基盤の安定化を図るとともに、万一経営リスクが発生した場合の影響を極小化し、社会的損失をできる限り発生させないよう、リスクマネジメントシステムを構築し運用しております。
リ スクマネジメント方針のもと、全リスクを主管部署・管轄委員会において検証し、重要なリスクについては計画を見直して実施し、有効性を評価しています。そ の評価結果にもとづいて是正・改善し、取締役会によるレビューを経て、新たに行動するという、PDCAサイクルによる継続的改善を行っております。


PB(プライベートブランド)商品の販売が拡大しているようですが?

お かげさまで、広い分野で当社のオリジナル商品を認知していただくようになってきました。お客様が、当社のオリジナルブランド商品を安心してお使いいただけ るよう、以前にも増して、品質管理を徹底しています。自ら工程管理を厳しくしていくことはもちろんのこと、お客様のご要望に真摯に耳を傾け、日々改善を 行っております。


最後に、PL事故対応についてお聞かせ下さい。

万一、商品に不具合が発生し、お客様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、迅速に対応できるように体制を整えております。具体的には、コールセンターの機能充実や社員の知識向上など、安全対策フローを策定し実践しており、早期の問題解決に努めています。



山善グループ企業行動憲章

山善は、良き企業市民として高い倫理観を維持し、人権の尊重、法令・国際ルールおよびその精神を順守するとともに、社会的良識をもって行動し、専門商社として「社会に有用な商品・サービスを広く普及すること」を通じて、世界の国々ならびに地域社会に貢献するグローバル企業として、信頼ある企業ブランドの構築を目指すため、基本方針10原則を定めています。
pb
 1. いつもお客様の視点に立った商品・サービスの提供
 2. 公正、透明かつ適正な取引
 3. 適時・適切な企業情報の開示
 4. 働きやすい職場環境の実現
 5. 環境経営の実践
 6. 社会貢献活動への参画
 7. 反社会的勢力・団体との対決
 8. 国際ルールの順守及び輸出入管理の徹底
 9. 法令順守と企業倫理の徹底
 10. 問題発生時の対応と処分


CSR推進の基本姿勢

山善は、持続的利益成長(攻め)とコンプライアンス(守り)を両立し、企業価値向上を図るため、具体的な推進策を「内部統制」「環境」「人財育成」「社会貢献・人権啓発」のカテゴリーに分類し、それぞれの分野において、一つ一つ着実に実行してまいります。特に「内部統制」は「経営リスクマネジメント」を含め、最も重要な要素であることから、以下のように「ガバナンス体制」を敷いています。

cg


CSRトピックス

●「山本猛夫記念奨学基金」運営委員会が開催
2016年7月、「山本猛夫記念奨学基金」第45回運営委員会が開催されました。
創業者・山本猛夫の意思を継承し1992年に設立された当基金。これまでアジアからの留学生を含め94名の方に奨学金が給付されています。奨学生の方々は各方面で活躍されています。
 
104

第1回奨学生の授与式の様子

(1993年7月)

 
●「ISO14001認証の第5次更新審査に合格」
ISO14001認証の第5次更新審査を受審、「向上」の評価を得て合格しました(2015年2月)。ISO14001の改定に向けて、システムの簡素化を加速し、本来業務と一体化させ、自然体で取り組める環境活動の実現を目指します。
 
iso
iso2.jpg
 

●気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同
2014年12月 環境省主催の低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同して低炭素社会への実現へと導く技術や商品の普及を進めてCO2排出の少ない企業スタイル・生活スタイルを推進します。

http://funtoshare.env.go.jp/

 
fs
 
● 「大阪山善住建エース会がエコツアー」
住建事業部・関西営業部は主力得意先で構成する大阪山善住建エース会の会員企業と賛助会員の経営幹部を招き中国北京・天津エコツアーを実施しました。現地では建設中のスマートシティを視察、3日目には中国環境保全センターの協力のもと植林を行いました。(2012年6月)
  csr9  
● 「大阪市長より感謝状の授与」
大阪本社第2ビル(立売堀泉ビル)が、ごみ減量優良建築物として、大阪市長より感謝状が授与されました。平成18年度に大阪市環境局長から表彰されて以来、5年連続でごみ減量に優良な取り組みを継
 続して実践していることが評価されました。(2011年10月)
  csr8  
● 「パソコン入替えによる消費電力削減」
前年に続き、社内のパソコン約350台を入れ替えました。消費電力を年間約139,200kwh節減効果をもたらしています。(前年比▲3.6%、Co2換算48㌧)(2011年8月)
     
● 「イエソラ日照補償サービスの開始」
太陽光発電システム(ソーラーパネル)見積もりサイト「イエソラ」にて、太陽光発電システム普及促進のため、日照不足を補償する「イエソラ日照補償サービス」を開始しました。(2010年12月)
  csr4  
● 「パソコン入替えによる消費電力削減」
全社で1,450台のパソコンを順次入れ替えました。消費電力は全体で月間約11,600kwh、年間約139,200kwhの削減(前年比▲3.6%、Co2換算48㌧)、電力料金約280万円の節約となります。今期はさらに350台の入れ替えを予定しています。
(1日の稼働時間10時間、月間実働日数20日、料金単価20円/kwhで算出、当社独自計算)(2010年9月~12月)
  csr6  
● 「社内報で環境特集を掲載」
社内報“BE”2010.第7号で「検証EMS10年」と題し環境特集を掲載。山善の環境活動をさまざまな角度から検証しました。(2010年9月)
  csr5  
● 「中国で植林を実施」
東日本営業本部・住設建材部の主力得意先ならびに主力仕入先の一行40名が、環境優良商品の販売促進とともに、地球温暖化防止につなげたいとの考えから、中国山西省・大同市で植林を実施いたしました。(2010年5月)
  csr3  
● ISO14001「10年継続賞」を受賞
日本環境認証機構(JACO)より、認証登録組織への感謝の気持ちと継続的改善への尽力に敬意を表し、継続審査10年以上を迎える組織へ贈られる「10年継続賞」を受賞しました。(2010年3月)
JACO下井社長(左)と当社吉居社長(当時)(右)
  e_p03  
● ゴミ減量優良建築物で市長表彰
山善大阪本社ビルが5年連続ゴミ減量優良標贈呈の功績が認められ、大阪市公館の式で、平松市長より感謝状と楯が贈呈されました。(2009年10月)
  e_p04  
● 東京本社ビルに太陽光発電を設置
システムの概要は多結晶シリコン太陽電池、新制御方式適用型20kw、年間2万kwh発電、6.8t-CO2削減の見込みです。
システム導入にあたっては、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「太陽光発電新技術等フィールドテスト事業」制度を活用しています。(2009年2月、当設備は2012年10月の東京本社移転に伴い、撤去致しました。2013年に新築する名古屋支社、九州支社に太陽光発電設備を設置する予定です)
  g_05  
● 道路・公園美化運動で市長表彰
山善大阪本社が毎月第2火曜日の公園清掃等により町内会から推薦を受け、大阪市中央公会堂の式で平松大阪市長より感謝状が授与されました。(2008年9月)
  g_10  
● 「女子社員の回収制服を海外へ寄付」
女子社員の制服更新に際し、旧制服を回収して「NPO法人日本救援衣料センターを通じ、海外(ラオス・ペルー等)へ寄付。(2008年2月)
  g_08